学生 カードローン,学生 お金 借りる

学生 カードローン

 

学生でも以下の条件を満たしていれば、カードローンを利用できます。

 

20歳以上
アルバイトをしている

 

当サイトでは、上記の条件を満たしている方に、早い、バレない、安全なカードローンの方法をご紹介しています。

 

学生でも安心して借りられるのは大手消費者金融

学生さんがお金を借りる際におすすめなのは大手消費者金融のカードローンです!
おすすめな理由は以下の3つ!

 

即日融資に対応

友達やサークル活動での飲み会、旅行など、学生生活を送っていると、急にお金が必要になる事も多いと思います。
そんな時でも、大手消費者金融のカードローンは即日審査・融資を受ける事が可能です。(※申込みの曜日や時間帯によって、翌日になる事もあります。)

 

計画的に借りられる

カードローンの返済は、月に数千円〜と少額から自分で返済金額を設定することが可能です。
その為、アルバイトで収入がそれほど多くない方でも、普段の生活費から計画的に、分割して返済をしていくことができます。
また、収入に見合った借入限度額が設定されるため、返済が難しくなる額を借り入れしてしまうことも防げます。

 

親や家族・知人にバレない!

大手消費者金融なら、WEB上で申込みから契約できるところがほとんどです。
契約書類や利用明細などの郵送の有無を選べるサービスもあるので、自宅に郵送物が届く心配もありません。
また、借り入れ方法は店舗だけでなく、振込融資やコンビニなどの提携ATMを利用できるので、消費者金融からお金を借りていることがバレる心配もありません。

 

以上のことから、学生さんがお金を借りるなら、テレビCMなどでもおなじみの大手消費者金融での借り入れがおすすめです。

 

学生がカードローンする時に親にばれてしまう理由

カードローンの利用は、できる限り親などの家族や知人にバレたくないですよね。
親に内緒で借りる為には、どういった場面でバレてしまうのか、注意をすることで親バレを防ぐことができます。

 

学生 カードローン

 

パターン1:郵送物が見つかる

お金を借りた時に自宅に届く郵送物(契約書・カード・利用明細など)を親が見てしまいバレるパターンが非常に多いです。
特に親と同居の方は注意が必要です。
「自分の親は郵便物の詳細なんて見ていない」と思っていても、意外と見ているものなのですよ。
最近では、自宅への郵送物なしで契約・利用することが可能なサービスも増えているので、そういったサービスをうまく利用して、親バレを防ぎましょう。

 

パターン2:審査時の在籍確認でバレる

お金を借りる審査では、自宅や勤務先に連絡がいく場合があります。
勤務先への在籍確認は、申込者が本当に働いているのか、安定した収入があるのかなどを確める為に、絶対あると覚えておいてください。
普段、自分あての電話が入る事は無い、という方は、あらかじめ言い訳を考えておくと良いでしょう。
クレジットカードの作成の為の審査が入るかも、と伝えておくとバレにくいです。
また、自宅への連絡がいかない様にする為には、申し込み時の連絡先を携帯に設定しておくと安心です。

 

パターン3:店舗に行った時に目撃される

契約や借り入れの際に、店舗や自動契約機に入っていくところを親や近所の人などに目撃されてバレると言うケースもあります。
細心の注意を払っていても、街中ではどこで誰に見られているかわかりません。
提携のATMや振込キャッシングなどを利用して、周りの人にカードローン利用だとバレない工夫が必要です。

 

以上の3パターンが、カードローン利用がバレる理由として多いケースです。
親や知人にカードローン利用がばれたくない、という方は、申込前にしっかりと対策をしておきましょう。
当サイトでは、学生が親にバレずに安心して借りられる大手消費者金融のカードローンをご紹介しています。
カードローン選びの参考にしてみてください。

 

親バレせずに安心して借りられる即日融資はココ!おすすめ学生カードローンランキング

プロミス 【郵送物・カードなしでweb完結!

「やっぱりプロミス!」のCMでもおなじみ、学生さんには大手プロミスのカードローンがおすすめです!
プロミスのweb完結なら郵送物なしで契約が完了し、カードレスでweb取引ができるので家族にバレる心配はありません。
また、初めての利用なら30日間無利息での借入が可能なのでお得です。

実質年率 限度額 審査スピード
4.5%〜17.8% 500万円 最短即日

プロミスの詳細はこちら

 

アコム 【3項目の入力で3秒借入診断!

アコムは、最短30分で審査の回答があるので急いで借入したい方におすすめです!
3項目の入力で借入可能かすぐに診断してくれる「3秒診断」もあるので、審査が不安な方は一度試してみましょう。
また、ネットやATMから24時間借入・返済が可能という点も魅力です。

実質年率 限度額 審査スピード
3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

アコムの詳細はこちら

 

モビット 【電話連絡なしで即日融資もOK!】

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている方なら、電話連絡・郵送物なしのモビット「web完結申込」がおすすめです!
会員専用サービスの「Myモビ」には借入相談や返済シミュレーションなど利用者に嬉しいサービスが充実しています。
また、オペレーターの対応も丁寧と評判です!

実質年率 限度額 審査スピード
3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

モビットの詳細はこちら

 

プロミスをおすすめする3つの理由

では、いざ申し込む時にどのカードローン会社を選べばよいでしょうか?
当サイトでは、上に挙げたプロミス、アコム、モビットの3社をおすすめしますが、なかでも一押しはプロミス。
その理由は3つあります。

 

1つめの理由は金利が他の大手消費者金融と比較して最も低いこと。
具体的にプロミスの金利は4.5%〜17.8%に設定されています。
カードローンを利用する際、初回契約時には通常上限金利が適用されます。
アコムやモビットの上限金利は18.0%ですから、プロミスなら0.2%低い金利で借入することが可能です。

 

2つめの理由は「30日間無利息サービス」です。
これは、初めて借入をした日の翌日から30日間は無利息というサービス。
お金を借りてすぐに全額返済した場合などは全く利息をとられません。
また、ポイントサービスを利用すれば、さらに7日間無利息期間を延長することもできます。

 

3つめの理由は「瞬フリ」というサービスで、なんと24時間365日最短10秒でお金が振り込まれます。
利用するにはいくつか条件がありますが、ネットから申し込めるのも大きなメリット。
スマホさえあれば、急にお金が必要になった時に外出先からも申し込むことができます。

 

プロミスの詳細はこちら

学生がお金を借りる方法

学生がお金を借りる方法は、銀行カードローンや消費者金融を利用する(20歳以上の安定収入がある人)、学生ローンなどがあります。
銀行カードローンの審査は厳しいと言われますが、低金利で借入しやすい点が特徴です。
また、銀行カードローンや消費者金融は、申込方法、借入方法、返済方法などが多くて利用しやすいのでおすすめです。
学生ローンは、銀行カードローンと比較すると、金利は高く返済方法は少ないですが、返済期間が最長5年など優遇されるので、余裕を持って返済できます。
また、業者を利用するのでなく、親族や友人に理由を説明して貸してもらう方法もあるでしょう。(「いつ返済する」という念書を作成しておくと双方ともに安心)

 

学生がカードローンを利用する理由

学生がカードローンを利用する理由は人それぞれです。
学生と言っても20歳を過ぎれば成人ですので、お金の使い方も中学・高校生とはずいぶん違ってきます。
車を運転するための免許取得、趣味・交際費(サークル活動、飲み会、デートなど)、旅費、生活費のためにカードローンを利用する学生たちが多いようです。
また、「海外留学や資格取得のため」、「家庭の経済状況がよくないため」などの理由もあります。
「学生なら学費に」と思われる人もいるかもしれませんが、こういった理由でも、カードローンを利用することは可能です。
余裕ある生活、円滑な人間関係のためにお金が必要な場合もありますから、よく考えた上で借入しましょう。

 

学生がカードローンを利用する時の心構え

カードローンは金利も低い反面、審査は比較的厳しいと言われます。
とはいえ、利用条件を満たした学生であれば、申込むことができます。(学生不可の銀行カードローンもあります)
銀行系カードローンは、総量規制がないので、多くの金額を借入することも可能です。
しかし、ただお金が欲しいからと借入することは危険です。
お金の使い道を決めてハッキリと目的を持つこと、返済計画を立ててから借りることが大事です。
そうしないと、返済ができずに借金地獄になる恐れがあるからです。
また、「何に投資するか」という目的を持つことで主体性が養われ、計画を立てる能力も養われます。
上手くやりくりすれば、合コンなど人と会うチャンスもあり楽しい学校生活を送ることができるでしょう。

 

即日融資を受けるために大事なこと

申し込んだその日のうちに借入をしたい場合、重要なのは「早く審査してもらう」ということ。
実際にお金を借りるまでには、

 

1.申込み 2.審査 3.契約 4.融資

 

という手順を踏まなければなりません。
「審査に時間がかかってしまい、その日の営業時間が終了...」そんな事態を避けるためには、とにかく審査結果を早く出してもらうことです。

 

申し込みをしたらすぐコールセンターに電話をして、オペレーターに急いでいることを伝えて下さい。そうすれば早めに審査してもらえます。
ただし、夕方は審査が混み合う傾向にあるため、急ぐ場合はなるべく午前中に申し込みをすませるのが賢明です。

即日融資を受けるための方法

即日融資を受けるためには、いくつか方法があります。
その中で、最も手間がかからず周囲にバレる心配がないのは、インターネットでの申し込み。銀行口座への振込を希望すれば店舗や自動契約機へ出向かなくとも、その日のうちにお金が振り込まれます。

 

 

具体的な手順としては

 

「平日の午前中にインターネットで申込をする(銀行口座への振込を希望する)」

 

これだけでOK!審査に通過すれば、その日のうちにお金が振り込まれます。

 

なぜ「平日の午前中」限定かと言うと、銀行の営業時間があるからです。平日の14時頃までにネット上で契約が完結していない場合、振込が翌日に持ち越されてしまいます。従って、申込はできる限り早い時間にする方がよいでしょう。

 

ただし、契約の完了が14時を過ぎそうな時、土日に即日融資を受けたい時でも店舗や自動契約機まで行けば、申し込んだ日に借入できます。いずれにしても、審査や契約手続きに時間がかかる場合がありますので、申込は午前中のうちにすませておくのが賢明です。

学生でも審査に通る?

学生の場合、本当に審査に通るのか?という点がとても不安だと思います。「20歳以上で安定した収入がある人」ってかなり曖昧な表現ですよね?
でも具体的に「これくらいの収入があればOK」という明確な基準はありません。勤続年数・年収・家族構成など様々な項目から総合的に融資の可否が判断されます。

 

「アルバイトはしてるけど、どうしても心配」という人は、簡易診断を使ってみましょう。上で紹介した3社全てのホームページで簡易診断が利用できます。

こういう人は審査に落ちてしまう

学生でもカードローンの審査に通ることは可能です。ただし、学生でも社会人でも「こういう人は審査に落ちる」というパターンがいくつかあります。

 

まず、申し込んだ時点で他のカードローン会社からも借入をしている人。特に複数社から借入があるとかなり厳しいでしょう。また、審査に通るか不安だからといって、同時にいくつかのカードローン会社に申し込むのもNG。かなりお金に困っていると思われて落とされます。

 

次に、携帯電話の料金やクレジットカードの料金を大幅に滞納したことがある人。うっかり忘れていて、すぐに払ったとうのであれば問題ありません。しかし、督促状の期限を過ぎても支払いをしていなかった場合など、その情報は審査の際に調べられてバレてしまいます。ちゃんと返済してくれない人にお金を貸そうとは思いませんよね?

 

最後に、借入希望額が高額な人。自分の返済能力に見合わない借入額を希望すると審査に落とされてしまいます。学生の場合、利用限度額は通常10万円程度です。総量規制(借入は年収の1/3まで)というルールもありますので、借入希望額は必要最低限の金額を申告することが重要です。

審査に通るためのポイント

では、逆に審査に通るためのポイントはどんなものがあるでしょうか?
急にアルバイトの収入を増やすことは不可能なので、できる範囲で「これだけは絶対守るべき」というポイントを3つ教えます。

 

 

同時に複数社に申し込まない
借入希望額は必要最小限に抑える
申告内容は嘘偽りなく正確に

 

 

1と2については既に説明しました。3については、収入を多く申告したり、勤続年数を長く申告したりせず、ありのままを申告するということです。カードローン審査はあまいものではありません。嘘はすぐにばれてしまいます。
また、申込内容で誤字脱字があった場合、内容の確認がとれずに審査に落とされる場合があります。申込書へは慎重に記入して下さい。

 

 

プロミスをおすすめする3つの理由

では、いざ申し込む時にどのカードローン会社を選べばよいでしょうか?
当サイトでは、上に挙げたプロミス、アコム、モビットの3社をおすすめしますが、なかでも一押しはプロミス。その理由は3つあります。

 

1つめの理由は金利が他の大手消費者金融と比較して最も低いこと。具体的にプロミスの金利は4.5%〜17.8%に設定されています。カードローンを利用する際、初回契約時には通常上限金利が適用されます。アコムやモビットの上限金利は18.0%ですから、プロミスなら0.2%低い金利で借入することが可能です。

 

2つめの理由は「30日間無利息サービス」です。これは、初めて借入をした日の翌日から30日間は無利息というサービス。お金を借りてすぐに全額返済した場合などは全く利息をとられません。また、ポイントサービスを利用すれば、さらに7日間無利息期間を延長することもできます。

 

3つめの理由は「瞬フリ」というサービスで、なんと24時間365日最短10秒でお金が振り込まれます。利用するにはいくつか条件がありますが、ネットから申し込めるのも大きなメリット。スマホさえあれば、急にお金が必要になった時に外出先からも申し込むことができます。

 

プロミスの詳細はこちら

最短1時間融資のプロミス

大手消費者金融なら安心して利用でき、多くが即日融資に対応していることから、利用を考えている人も多いのではないでしょうか。
この大手消費者金融の中でもおすすめなのがプロミスです。
プロミスは、即日融資に対応していて、審査時間最短30分、融資時間は最短1時間となっていて、すぐにお金が必要という人でも便利な金融会社となっています。
自動契約機も全国に設置されていて、多くの人が利用することが出来ます。
自動契約機が近くにあれば、その場で申し込みからカード受け取りまででき、この自動契約機に設置されているATMでは、借入や返済を手数料無料で使用することが出来ます。

 

Web契約で手続きが完了する

プロミスの申し込み方法でおすすめなのがネットを利用した方法です。
プロミスではWeb契約で手続きを完了させることができ、パソコンやスマートフォンで24時間手続きをすることが出来ます。
この手続きでは曜日を問わず申し込むことができ、審査回答時間は9時〜21時までとなっています。
平日は時間がないという人でも安心して申し込めるのも魅力です。
最短30分という短い審査時間でも、店頭や自動契約機ではその場で待っている必要があります。
パソコンやスマートフォンなどを利用して申し込めば、申し込んだ後は、審査結果が出るまで自宅でテレビでも見ながら待つことも出来ます。

 

30日間無利息で借入できる!

プロミスの嬉しいサービスに30日間無利息というものがあります。
これは、借入を利用して30日間無利息にするというもので、初回限定となりますが、このサービスを利用すれば、30日間で返済をしてしまえば利息も必要ありません。
他の大手消費者金融でもしているサービスなのですが、他の消費者金融の無利息サービスは契約をしてから30日間となっているケースが多くあります。
しかし、プロミスの場合は初めの借入をしてから30日間で、カードを作ってすぐには借りないという人でも、確実にこのサービスを受けることが出来ます。
このサービスを受けるためには、初めて利用する人、Eメールアドレスの登録、Web明細登録が条件となっています。

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」

銀行系でおすすめなのが、三菱東京UFJ銀行のカードローンです。
この銀行のカードローンであるバンクイックは、銀行でありながら、消費者金融並みの審査スピードです。
また、土日祝日でも即日融資可能で、100万円以下なら収入証明書も不要となっています。
このように、バンクイックは銀行のカードローンにもかかわらず、消費者金融並みの借りやすさとなっています。
銀行は消費者金融と比べると審査が厳しいと言われていますが、銀行という安心感と消費者金融にはない低い金利でカードローンを提供しています。
また、提携コンビニATMの手数料が無料となっているのも魅力の一つです。

 

審査回答が最短30分!スピーディーな対応

銀行と聞くと審査時間が長いのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、この三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、審査回答が最短30分となっています。
この審査回答なら、気軽に申し込めるのではないでしょうか。
審査に数日も必要となると、すぐにお金を借りたいという人は利用をためらってしまいます。
しかし、このバンクイックは30分程度で審査回答を聞くことができ、銀行カードローンを利用したいと思っていた人には最適です。
三菱東京UFJ銀行は、三大メガバンクの一つで、日本を代表する銀行であることからも安心感は抜群です。

 

土日祝も即日可能で口座なしOK

プロミスでは土日祝日も申し込みが出来ることになっていますが、このバンクイックも土日祝日の申し込みを受け付けています。
ただ、審査結果の連絡は平日は9時〜21時までとなっているのですが、土日祝日は9時〜17時までとなっています。
インターネットなら24時間365日、申し込みが可能となっているので、自分の都合のいい時間に申し込みが可能となっています。
夜に、急にお金が必要になった時でも申し込みを済ませておけば、翌日には審査結果を知ることが出来ます。
また、銀行では口座開設が条件となっているところも多いのですが、このバンクイックは口座開設が不要となっているので、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない人でも気軽に申し込みが出来ます。

 

100万円以下は収入証明書不要!

このバンクイックでは、100万円以下なら収入証明書が不要となっていて、借入の少ない学生の場合には、まず収入証明書を求められることはないと考えられます。
カードローンを申し込む際には、出来るだけ用意する書類は少ない方が便利と考えられます。
申し込むときに、書類を用意するのを忘れたといった場合には、すぐにお金を借りることが出来ません。
本人確認書類だけで申し込みを済ませられる、バンクイックはすぐにお金を借りたいという人に最適なカードローンです。
このバンクイックでは、学生も申し込みは可能なのですが、契約をする場合には、親の同意書が必要となっているので、親に内緒で借りることは出来ません。

金利の低さも安心のみずほ銀行カードローン

銀行系カードローンで、もう一つおすすめの銀行がみずほ銀行です。
みずほ銀行も三大メガバンクの一つで、三菱東京UFJ銀行よりもおすすめな点が金利です。
三菱東京UFJ銀行のバンクイックは4.6%〜14.6%になっているのに対し、みずほ銀行のカードローンでは、コンフォートプランでも3.5%〜14.0%となっていて、この金利の低さが魅力のカードローンです。
このみずほ銀行カードローンでは、みずほ銀行の口座を持っていれば、即日融資も可能となっています。
みずほ銀行カードローンでは、口座開設が必要になりますが、このカードローンが利用できれば、金利が低く、お得にお金を借りることが出来ます。

 

同意書・保証人・担保も不要!

みずほ銀行カードローンの魅力は金利だけではありません。
三菱東京UFJ銀行のバンクイックでは、学生が利用するためには親の同意書が必要となり、親に知られずにカードローンを利用したいという人には不向きな商品です。
しかし、みずほ銀行カードローンでは、親の同意書も必要ないため、親に知られることなく銀行カードローンを利用することは可能です。
親の同意書だけでなく、保証人や担保なども必要ありません。
学生の時に、カードローンを利用したいと親に言っても、なかなか同意してくれる親は少ないものです。
みずほ銀行カードローンなら、親の同意書なく申し込むことができ、どうしても銀行カードローンを利用したいと思っている学生の人には最適です。

 

銀行のキャッシュカードをそのまま利用できる

このみずほ銀行カードローンでは、カードが2種類用意されています。
一つはキャッシュカード兼用型、もう一つがカードローン専用型です。
キャッシュカード兼用型を選ぶことによりキャッシュカードをそのまま利用することができ、無駄にカードを増やす必要がなくなります。
また、このカードの違いによって融資までの時間も異なります。
カードローン専用型を申し込んでしまうと、キャッシュカード兼用型と比べ、1週間程度長くなるといったデメリットがあります。
ただ、どちらのカードもコンビニATMなどは利用できるのですが、都市銀行や地方銀行、ゆうちょ銀行などのATMは、キャッシュカード兼用型は利用できないといったデメリットもあります。