学生 カードローン 在籍確認 親,学生 カードローン 在籍確認

1. カードローンの利用が親にバレる理由

カードローンを利用したいけど、親にバレるのが心配という人も多いのではないでしょうか。
大学や専門学校に通うために、一人暮らしをしているという人なら、比較的バレる心配もないのですが、親と同居をしている人は、思わぬところでバレることもあります。
親にバレることなくカードローンを利用したいという人は、まずバレる可能性があることは何かを知る必要があります。
バレる可能性として挙げられるのが、本人確認の電話や利用明細書などの郵便物です。
初めて金融機関を利用する人は、バレるのは仕方ないと思うかもしれませんが、ちょっとした工夫により回避することが出来ます。

 

1-1. 自宅に本人確認の電話がくる場合

カードローンの申し込みをすると、本人確認のために、金融機関から電話がかかってくることがあります。
この電話は、本当に本人が申し込んだのか、申込書に間違いないかなどを確認するために電話をかけて確認するのですが、この電話によって親にバレる心配があります。
この本人確認の電話は、カードローンを申し込むときに記入した希望連絡先に電話がかかってきます。
そのため、この希望連絡先を携帯電話にすることにより、この本人確認の電話で親にバレることを回避することが出来ます。
ただ、消費者金融では、会社名ではなく、担当者の個人名によって電話をかけてくれるので、携帯電話を持っていないという人でもバレない可能性はあります。

 

学生 カードローン 本人確認

 

1-2. 明細などの郵送物が届く場合

一番バレやすいと考えられるのが、金融業者からの郵便物です。
金融業者からは、契約書が送られてきたり、審査に通ればカードが送られてきますし、お金を借りれば利用明細書が自宅に送られてくることになります。
この郵便物には、利用している金融業者の名前などが記入されていることから、その郵便物を見た親はすぐにお金を借りていることを知ることが出来ます。
郵便物を目の前にして、ごまかすのはとても難しく、この郵便物には注意が必要です。
これらの郵便物をなくす方法もあることから、事前にどうしたら郵便物をなくすことが出来るのかを調べておくことが大切です。

2. 気をつければ普通のカードローンでバレない

最近の金融業者では様々な申し込み方法やサービスなどを提供していることもあり、金融業者の申し込み方法やサービスを確認し、気をつけて申し込みをすれば、カードローンの利用を親にバレずにすることは可能です。
大手消費者金融では、全国に自動契約機を設置しています。
この自動契約機では、申込から契約、カードの受け取りまでその場で、その日のうちに行うことが出来ます。
これなら、契約書やカードが送られてくるといった心配はありません。
大切なのは、事前にどのような申し込みをしたり、利用法をするとどのようなことが起こるのかを知っておくことです。

3. 親バレしないで借入できる金融機関も増えている

金融業者から連絡があると、通常なら金融業者の名前によって電話がかかってくると思っている人も多いのですが、消費者金融では申込者本人以外の人に、会社名などを名乗ってはいけないことになっています。
消費者金融を利用していることを申込者以外の人に知られてはいけないため、消費者金融の連絡は担当者の個人名によって電話がかかってきます。
また、利用明細書などでも、最近はWEB確認が主流となっているため、利用明細書が自宅に送られないようにすることも可能です。
自動契約機などなら親にバレずに借入をすることが可能で、この自動契約機も、消費者金融だけでなく、銀行でも設置しているところがあり、親にバレずに借りられる環境は増えてきていると言えます。

4. 誰にもバレずにカードローンを利用する方法

最近の金融機関では、利用の仕方やバレにくい金融機関を選ぶことにより、誰にもバレることなくカードローンを利用することは可能です。
近くに自動契約機がないという人でも、スマートフォンやパソコンなどからネット申し込みをすることで、誰にも見られることなく申し込みを済ませることが出来ます。
どうしても、親にバレたくないという人は、申し込み方法や契約、利用時などで気をつける必要があります。
親にバレない方法をまとめましたので、しっかりと確認をして、自分に合った親にばれない方法を選ぶことで、快適にカードローンを利用することが出来ます。

 

4-1. スマートフォンやパソコンからネット申し込む

最近では、どこの金融機関でもスマートフォンやパソコンなどを利用して申し込みが可能となっています。
このネットでの申し込みのメリットが、誰にも見られることなく申し込みが出来るという点です。
窓口や自動契約機まで行くことにより、親だけでなく、近所の人や職場の人に見られてしまうという可能性があります。
どんなに気をつけていても、人に見られてしまっては、親に話されてしまう心配があります。
このネットで申し込むことにより、誰にも知られることがなく、安心して申し込むことが可能となります。
誰にも知られたくないという人には、ネットでの申し込みが欠かせません。

 

4-2. 本人確認は携帯電話のみを登録する

申し込む際に注意が必要なのが希望連絡先です。
誰にも知られたくないと考えるのなら、この希望連絡先を、携帯のみを登録する必要があります。
申込書には、連絡先を記入する欄が複数あるのですが、この欄を全て埋める必要はありません。
自宅の連絡先を記入せず、連絡先を携帯のみにすることにより、確実に携帯電話にかかってくることになります。
ただ、申込書に固定電話の連絡先を記入しないと、審査が厳しくなるとも言われています。
自宅の電話番号と、携帯電話の番号の両方を記入すれば、まず本人確認の電話は携帯電話にかかってきます。
絶対に自宅にはかけられたくないという人は、自宅の電話番号は記入しない方が得策です。

 

4-3. 自動契約機でカード・契約書を受取

申し込みでネットを利用した場合には、契約書やカードが自宅に送られてくるのではないかと心配している人もいるのではないでしょうか。
しかし、このカードの受け取りなどは、自宅に郵送するのか、店舗や自動契約機で受け取るのかの選択をすることが出来ます。
そのため、この受け取りを自動契約機にすることで、契約書の提出やカードの受け取りを自動契約機で済ませることができ、自宅に送られてくる心配がなくなります。
人に見られるリスクは少しでも減らしたいものです。
ネットで申し込みを済ませ、審査に通れば自動契約機でカードを受け取ることで、誰にも知られることなく、最短でカードローンを利用できるようになります。

 

4-4. ネット銀行を開設していれば、入金して貰うことも可能

近くに、自動契約機がないという人や、すぐにお金が必要という人には、ネット銀行を利用する方法もあります。
ジャパンネット銀行や楽天銀行などのネット銀行の口座を持っていれば、カードを受け取ることなくお金を手にすることが出来ます。
金融機関によっては、申し込みをして審査に通れば、すぐにネット銀行の口座に入金してもらえます。
通常なら、カードを受け取らないと、カードローンを利用することが出来ず、近くに店舗や自動契約機がないという人は、すぐにカードを受け取ることが出来ないため、お金をすぐに手にすることが出来ません。
ネット銀行を開設しているという人は、入金してもらうという方法も選択できます。

 

4-5. 利用明細書が郵送物で届かないようにする

親にバレずに申し込みを済ませて、カードローンを利用できるようになっても安心は出来ません。
カードローンを利用して、その利用明細書が自宅に送られてきてしまっては、すぐにバレてしまう可能性があります。
最近は、この利用明細書の確認はWEBサービスによって確認することが主流となっています。
毎回利用するたびに明細書を送っていたのでは、金融機関としても多くの費用が必要になってしまいます。
そのため、金融機関としてもWEBサービスを利用して、明細書の確認が出来るようにしていて、このサービスを利用することにより、明細書が自宅に送られてくる心配もなくなります。

 

4-6. 返済期日をシッカリ守り督促状を回避!

誰にも知られることなく申し込みを済ませて、利用明細もWEBで確認するようにして、カードも受け取れば安心と思う人もいるかもしれませんが、最も重要なのが返済です。
返済期日を忘れて、延滞などをしてしまうと、自宅に電話がかかってくる可能性もありますし、そのまま放置をすると、自宅に督促状が送られてくることになります。
この督促状が親に見られてしまっては大問題になってしまいます。
この督促状などを回避するためにも、毎月の返済はしっかりと行う必要があります。
返済を確実に行うことは、自分の信用を高めることにもつながりますので、親にバレないためにも、自分のためにも、毎月の返済だけは遅れないようにすることが大切です。

5.在籍確認でアルバイト先にばれない?

審査をする際に必要な作業の中に、在籍確認があります。
利用者が本当にアルバイトをしているのか、申告した会社に在籍しているのかを確認するために会社に電話をかけます。
しかし、担当者が在籍確認の電話をかける時は、カードローン審査だと分からないように配慮してくれます。
電話は基本的に個人名でかけてくれますし、用件を聞かれてもごまかしてくれるので、アルバイト先にバレる可能性は低いでしょう。
それでも心配な人は、事前に名乗る名前やかける時間帯を相談することも可能です。
また、本人が電話に出られなくても在籍が確認できればOKなので、必要以上に神経質になる必要はありません。