学生 カードローン 返済,学生 カードローン 返済額

1.初めてでも安心できる学生カードローンの返済方法

学生 カードローン 返済

カードローンは、その性質から限度額がそのまま自分のお金になったかのような錯覚に陥ってしまうことがあります。
しかし、カードローンも借金の形の一つであるという事を常に意識しておき、借入額は迅速に完済するようにしましょう。
返済の進め方としては、毎月定められた日にちに定められた金額を返済する約定返済、そして約定返済に加えて行うことができる任意返済、の二つが存在します。
この二つを上手に利用することで無理なく、効率的に借金の返済を進めていくことができます。
ちなみに、返済方法には様々なものがあり、毎月の約定返済を口座振り込みにしたり、あるいは金融機関への銀行振り込みなど、自分に合った方法を選ぶことができます。

 

1-1.月々の返済金額と収入のバランスが大切

さて、返済を進めていく中で収入と返済金額のバランスを考えることはとても重要です。
無理をして返済をすると、その分生活がひっ迫してしまい、最悪の場合、生活費のため更に借金をしてしまうこともあるでしょう。
では、具体的には収入の何割を借金返済に充てるのが一番良いのでしょうか?
一般的には、返済金額は年収の25%以下にすると、生活苦にもならず比較的楽に返済を進めていけると言われます。
25%と言うと、アルバイトで手取り月給50,000円の給料を得ていたとすると12,500円です。
収入の25%も返済に充ててしまうと貯金ができない、と考えてしまうかもしれませんが、借金がある内は貯金よりもまずは完済を目指しましょう。
借金があるとその分利息でお金がどんどん無駄に取られてしまうため、できるだけ早く完済することが大事です。

 

1-2.使い道を計算した計画的な利用

カードローンを利用する際は漠然とした考えの下でキャッシングするのではなく、何に使うのか、今すぐ必要なのか、具体的な金額は幾らか、の3つをしっかりと考えましょう。
人間は、手にお金を持っているとそれを全て使ってしまいがちです。
できるだけ現金は持たないようにするためにも、カードローンはできるだけ使わず、もしも必要な時であっても計画を作った上で融資を受けましょう。
また、学生であれば自分のアルバイト収入と完済までの道のりをしっかりと見極めてからカードローンを利用しましょう。

2.毎月の返済額はどれくらいになる?

学生は、アルバイトをしていても社会人に比べて収入が低い傾向にあります。
そのため、学生は10〜20万円ほどしか借りられないのが現状です。
収入が少ない学生に多額の貸し付けをして、返済が滞るのを防ぐためです。
月々の返済額は、カードローン会社によって異なりますが、借りている金額が少ない場合は大抵2000円ほどで済みます。
返済方法も色々あるので、契約時にしっかりと返済シミュレーションをしておくと、後々問題なく返済していくことができるでしょう。

3.卒業までに返済する必要はある?

学生時代に借りたお金は、卒業までに完済する必要はありません。
学生ローンであれば3年ほどが返済目安ですが、カードローンの場合、6〜10年の返済期間が設けられています。
そのため、社会人になって働き出してからも返済を続けられる仕組みになっています。
最低限、毎月の返済日に決められた金額を返していればOKです。
学生は通常、10万〜20万円ほどしか借入できないので、毎月支払っていれば自然に完済できます。
卒業までに焦って返済する必要はありません。
ただ、経済的に余裕が出たときに繰り上げ返済をしていると、早く完済することができます。

4.学生カードローンの利息の仕組み

学生カードローン、専業主婦向けカードローンといった、非一般的な社会人向けに作られたカードローンは、金融審査が緩いという特徴を持つのですが、その分利息が高かったり、利用限度額が低かったりと、こちらに不利な条件での融資になりがちです。
これは、社会人よりも不安定な、学生や専業主婦に融資を行うリスク分を利益回収に上乗せしているためで、ある意味仕方がない事でしょう。
しかし、学生であってもアコムやプロミスといった大手消費者金融会社では30日無利息期間サービスを用意しているところが多く、このサービスを利用することで無利息、あるいは低利息でお金を借りることもできます。
ただし、30日を過ぎてしまうと利息がきっちりとついてしまうため注意が必要です。

 

4-1.一括返済をすれば利息がお得

カードローンの利用に際してできるだけ払う利息を減らす方法はあるのでしょうか?
一つ目の方法としては、無利息期間サービスを設けている金融会社、消費者金融のカードローンを利用するもので、一定条件下ですが、無利息で融資を受けることができます。
他には、臨時返済によって一括で返済を済ませてしまう方法もあります。
一気に支払いをしてしまうため、その時の負担は相当なものになりますが利息を最小限に抑えることができるため長い目で見ればかなりお得になります。
実際、約定返済の2,000円程度のみで完済しようとすると数ヵ月から、場合によっては数年かかってしまうこともあるため利息も相当額となってしまいます。

5.カードローンの返済が遅れた場合

さて、学生が家族に内緒でカードローンを利用するにあたって、一番気をつけなくてはいけないのが返済期日をしっかりと守る、ということです。
後述しますが、返済を滞らせてしまうと家族にカードローンの利用がバレてしまうだけでなく、あまりにも悪質な場合には家族が代わりに返済義務を負ってしまうこともあります。
バレてしまうだけなら自分が困るだけですが、借金の肩代わりとなると自分だけでなく、家族にまで迷惑がかかってしまいます。
しかも、もしその話が友人や知人にバレてしまったら、その人はどのような目で見られてしまうでしょうか?
返済に遅れてしまうと何も良いことは無いためしっかりと返済日は守りましょう。

 

5-1.督促状や電話が来る?

基本的に、学生向けカードローンは、専業主婦向けカードローンと同様に、契約に際して家族に内緒で借入をしたいというニーズを重視しています。そのため、在籍確認はもちろんのこと、郵便物や電話を自宅にかけることを極力控えているのが特徴です。
実際、一、二回の遅延であれば自宅への連絡ではなく、自分の携帯電話にのみ連絡が来るため家族にバレてしまう可能性も少ないでしょう。
しかし、これはあくまでも一般的な顧客に対しての対応であり、返済遅延の常習犯や、あまりにも悪質な客に対しては自宅に督促状を送ったり、自宅に電話をかける、または、極端な場合には家族に催促の電話が来ることもあります。

 

5-2.遅延が原因で親にバレる!

いくら学生向けカードローンは家族バレリスクを最小限にしてくれているとは言え、悪質な利用者には督促状や電話での催促を行います。
督促状や電話での連絡は、カードローンに関してのものであるという事がすぐに分かるようになっているため、これを運悪く家族が受け取ってしまうとカードローンの利用が家族にバレてしまいます。
家族に内緒でカードローンを利用しているのならば、それなりに最低限の返済義務はしっかりと行って責任を果たすことが大切です。
では、親にカードローンの利用を内緒にしておくために心掛けておかなければいけない事は何なのでしょうか?

 

学生 カードローン 親バレ

 

5-3.親にバレないようにするコツはきちんと返済する事

学生向けカードローンを家族に内緒で利用するために注意しなくてはいけない点はただ一つ、しっかりと約定返済を行い、可能であれば臨時返済も併用して完済をすぐに済ませてしまうことです。
返済をきちんとして顧客信用度を高めておけば、万が一延滞してしまっても軽度な物であれば自宅に連絡がくる可能性は低いです。
また、もしもどうしても返済期限に間に合わない場合には金融会社に連絡をして返済がどうしても遅れてしまう旨を伝えて、お金が入ったらすぐに返済することを約束した方が良いでしょう。
黙って返済を遅らせてしまうよりも格段に誠意が見られるため、向こうが取る対応も変わってきます。
しかし、いずれにせよ、借金をした時点で自宅に連絡が来る可能性はゼロではないため、できるだけ融資限度額、そして実際の融資額を低くしてすぐに完済できるようにしましょう。

6.カードローンの返済が遅れてしまった体験談

「大学生になって友人との付き合いでお金が足りなくなってしまったため、家族に内緒で融資が受けられる学生向けカードローンの利用を決めました。最初は返済に遅れることは無かったのですが、使いこみが激しくなってしまって、毎月の返済に送れるようになっていきました。ある日家に帰ると親からカードローンの督促状と電話が自宅にきていたことを言われ、カードローンの利用がバレてしまいました。仕方なく親に代わりに返済してもらったのですが、あれ以来はもし借金をしても必ず完済するようにしています。もう二度とあんな恥はかきたくありません(20代男性・学生)」