学生 カードローン 限度額

1. 銀行カードローンの借入限度額とは?

銀行などでは、最高限度額を1,000万円としているところもあり、多くのお金が借りられるという印象を受けるのではないでしょうか。
この限度額を見て、自分でも100万円くらいなら借りられるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、借入限度額は申込者の年収や職業、借入状況など総合的に判断されて決まることとなります。
そのため、アルバイトをしている学生が100万円ものお金が限度額に設定されることはまずありません。
ただ限度額は、一度決まれば一生同じということではありません。
利用している期間や返済実績によっては、利用限度額を増やしてもらうことも出来ます。

 

カードローン 限度額

2. 消費者金融の限度額について

消費者金融の限度額を見ると、500万円とか300万円などと表記されていて、銀行と比べれば低い限度額の設定となっています。
消費者金融は銀行と比べて、審査に通りやすいと言われていますが、消費者金融も銀行と同じように、申込者の情報を総合的に判断をして利用限度額を設定することになります。
また、消費者金融は銀行とは違い、総量規制の対象となっているため、この総量規制によってもこの利用限度額が決まることにもなります。
ホームページなどに表記されている限度額というのは、誰でもこのくらいのお金を貸しますよということではなく、最大の貸付限度額がこの金額になるということです。

3. 総量規制という法律の仕組み

消費者金融や信販会社のような貸金業者では、総量規制という法律の下にお金を貸すことになります。
この総量規制は銀行は対象外です。
この総量規制では、年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないことになっています。
年収が60万円の学生なら、貸金業者から借りられるお金は20万円までとなります。
そのため、ホームページを見て、限度額が500万円までとなっていたとしても、20万円以上のお金は借りられないということです。
また、これは1社からだけではなく、今利用している貸金業者からの借入れ合計額が年収の3分の1までとなります。

4. 利用限度額に影響するもの

年収が60万円あれば、年収の3分の1である20万円までなら貸金業者からお金を借りられるということになるのですが、年収60万円なら誰でも利用限度額が20万円に設定されるというものではありません。
申込者によって返済能力や借入状況の違いがありますし、商品の内容によっては、希望の借入が出来ないといったことも起こります。
貸金業者に限らず銀行も、申込者の様々な情報から、総合的に判断をして利用できる限度額を決めます。
そのため、同じ勤務先でアルバイトをしていて、年収が同じといった場合でも、申込者の違いで利用限度額が違うといったことも起こります。

 

4-1. 返済能力

利用限度額には、返済能力が大きく影響します。
この返済能力の判断材料は、年収だけでなく、どのような仕事をしているのか、どのような住居環境で生活しているのかも関係します。
返済能力を判断するために最も影響するのが年収です。
年収が多ければそれだけ返済能力は高いと判断されます。
また、年収が高くても水商売などの職場だと返済能力が低いという判断をされることがあります。
水商売は離職率が高く、安定した収入が得られる職場とは判断されません。
大きな会社や公務員のような倒産の心配のない職場ほど返済能力が高いと判断されます。
また、住居環境も大切です。
賃貸で住居年数が少ないと、お金を貸した後に連絡が取れなくなるという心配があり、返済能力が低い人と判断されることもあります。

 

4-2. 商品の内容

利用限度額の決め方は金融会社によって違いがありますし、取り扱っている商品内容によっても違いが出る場合もあります。
申込者の情報を総合的に判断して決めるような商品もあれば、年収だけである程度の利用限度額を決めているような商品もあります。
例えば、年収が100万円の人なら利用限度額を50万円まで、年収が300万円の人なら150万円までといったように、あらかじめ決められている場合もあります。
このような場合では、どんなに他の情報から信用度が高い人と判断されたとしても、それ以上の利用限度額になることはないと考えられます。

 

4-3. 借り入れ状況

利用限度額は、年収などが重要視されるのですが、今の借入状況によっては、年収がどんなに高くても、低い利用限度額となる場合もあります。
例えば、200万円の年収があったとしても、他社から50万円の借入がある状況では、カードローンが利用できたとしても低い利用限度額に設定されてしまいます。
銀行なら総量規制の対象ではないため、年収の3分の1しか借りられないといったことはないのですが、年収に対してどのくらいの借入があるのかというのは、利用限度額を決める時には銀行でも大きなポイントとなります。
消費者金融では年収の3分の1という規制があるのですが、銀行でも年収の2分の1以上の借入は難しいと考えておく必要があります。

5. 毎月10万円のアルバイト収入がある場合の限度額は?

毎月10万円のアルバイト収入があるといった場合では、消費者金融では年収の3分の1となるため、40万円が限度額となります。
しかし、これはあくまでも最大で40万円ということであり、通常はさらに低い利用限度額となります。
この利用限度額には返済能力が考慮されるため、特に学生の場合は低い限度額に設定されると考えておく必要があります。
銀行なら総量規制もないため、消費者金融よりも多くのお金が借りられるのではないかと考える人もいるかもしれませんが、銀行でも通常は年収の3分の1が目安となっているため、収入の少ない学生では、銀行も消費者金融でも大きな差はないと考えられます。

6. カードローン利用中に限度額を増やしたくなったら?

カードローンを申し込み審査に通ったのはいいけど、あまりの利用限度額の低さにがっかりする学生も多くいます。
収入が少ない学生では、利用限度額は低く設定されても仕方がないのですが、この利用限度額は増額申請をすることで増やすことは可能です。
ただ、利用できるようになって、利用限度額に納得できないからとすぐに増額申請をしてもまず増額はしてもらえません。
まずは、借りたお金を完済して、利用実績を作ることが大切です。
今の利用限度額なら問題なく返済できると判断されれば、増額してもらえる可能性はあります。
増額申請をすることにより、リスクもあることから、しっかりと考えてから申し込むことが大切です。

 

6-1. 増額の審査にはいくつかのリスクがある

増額申請をする時には、すぐにお金が必要になったために申し込むという人もいます。
しかし、増額申請をすると、最初に申し込んだときと同じように新たに審査をされます。
この時に、収入証明が必要となる場合もあり、手元に給与明細書などがないといった場合では、別の収入証明書を用意しなければいけないといったことが起こります。
最もリスクがあると考えられるのが、減額されるというケースもあるということが挙げられます。
新たに審査が行われるため、初めに申し込んだときよりも他社からの借入が増えていたり、年収が下がっているという場合には、減額されてしまう可能性があります。

 

6-2. 別会社のローンを利用するのがおすすめ

どうしても、すぐに利用限度額を増やしたいと考えている人には、別の会社のローンを利用することをおすすめします。
今利用しているカードローンに増額申請をしたとしてもリスクがありますし、増額申請をするには数ヶ月から数年の利用実績は必要となり、簡単には増額をしてもらえません。
リスクや時間を考えれば、別会社に申し込む方がすぐに利用できる可能性もありますし、減額されるといったリスクもありません。
このように、増額申請するよりも、別会社に申し込む方が簡単に利用限度額を増やすことは出来ます。
ただ、学生の場合は収入が少ないため、別会社に申し込んだとしても、希望通りの借入が出来るとは限りません。