カードローン 初めて,学生 闇金

1.初めての方必見!カードローンを利用するには

カードローンとは無担保で貸付をしてくれる金融サービスの一つです。
保証人も不要であり、基本的には個人の信用のみでお金を貸してくれます。
限度額を決められて、その範囲内であれば何度でも借入が可能になります。
当然ですが、申し込み後に審査があり、この時に限度額も決められます。
カードが発行されたら、振込やATMで借入ができる気軽さも多くの人に利用されている理由でしょう。
しかし、カードローンを初めて利用する学生さんであれば、「どのカードローンがいいのか?」、「どうやって申し込めばいいのか?」など分からない点も多いはず。
そこで、このページではカードローンの利用方法や基本情報を解説していきます。

 

学生 カードローン 初めて

 

1-1.カードローン申し込みの必須条件

カードローンの利用条件にはいくつかのパターンがあるのですが、多くのカードローン会社が20歳以上であることを一つの条件にしています。
未成年との契約は一方的に無効にされる可能性がありますから、貸し付ける相手としてはリスクが高すぎるからです。
ただし、年齢の上限はカードローン会社によって異なり、60歳のところもあれば65歳、70歳というところもあります。
加えて、仕事をしていることも重要です。
要するに「安定した収入」があることが条件になっています。
また、身分が証明できることも大事です。
実に当たり前のことではあるのですが何処の誰だかわからない人、確認ができない人が審査に通ることはありません。

 

1-2.申込に必要な書類は?

カードローンへの申し込みは難しいことではありませんが、いくつか必要な書類があります。
まずは本人確認書類です。
本人確認書類として認められるもんは、運転免許証、健康保険証、パスポートなどいくつかあります。
しかし、可能であれば運転免許証を提出すると良いでしょう。
顔写真がついてますし、住所も書いてあるため、確認がスムーズに済みます。
また、場合によっては収入証明書の提出がも必要です。
とは言っても、収入証明書が必要なのは、大抵は希望限度額が200万円以上などある程度の高額な融資を希望する場合のみです。
ただし、学生の場合は、収入証明書が必要なほどの希望額を申告しても、まず審査に通りません。
必要最小限の限度額を希望することが重要ですから、収入証明書を提出する必要はないでしょう。

2.知っておきたいカードローンの知識

カードローンも立派な金融サービスの一つです。
ですから、法律的に規制されていることもありますし、細かい条件なども決まっています。
そのあたりの知識をよく身につけておくと、どこが良いカードローン会社であるのかを判断できるようになるでしょう。
具体的に、カードローンを利用するなら、金利や返済に関すること、利用できる金額についてなど知っておいたほうが良いことはいくつもあります。
しっかりと頭に入れておいて、いざカードローンを利用する時に活用するとよいでしょう。
ただし、確実に自覚しておいた方が良いのは「カードローンは借金である」ということです。
カードローンで借りられる金額を自分の貯金、自由に使えるお金と勘違いせず、計画的に利用することが重要です。

 

2-1.金利と返済について

まず金利ですが、これは利息制限法によって規制されています。
一時期、グレーゾーン金利というのが流行しましたが、これは利息制限法と出資法の差から生まれたいわゆる「グレーな金利」でした。
今では利息制限法によって完全に統一されていますから、気にしないで良いでしょう。
金利に関しては10万円を超える場合、18%が上限になります。
大抵の場合、これが基本的な上限金利であると認識しておいてよいです。
ですが、これはあくまで上限であり、それ以下の金利であれば問題なりません。
極端な話、無利息の期間を作ろうと問題ないわけです。
また、カードローンでは返済は原則的に分割払いです。
決められた日に決められた金額を約定返済という形で返済していきます。
ただし、繰り上げ返済や一括返済も可能ですから、余裕があれば積極的に返済することをおすすめします。

 

2-2.利用限度額について

利用限度額は、個人の収入、信用力によって決まります。
但し、大きなポイントとして総量規制があります。
総量規制とは年収の1/3までしか貸してはいけない規制であり、消費者金融などの貸金業者に適用されることになっています。
ただし、銀行カードローンには総量規制が適用されないため、年収の1/3を超える金額を借入することも可能です。
また、消費者金融と比較すると、最大の限度額が大きい点も特徴と言えます。
消費者金融の場合、限度額は最大でも500万円といったところですが、銀行カードローンの中には限度額が最大1000万円というものもあります。
しかし、学生の限度額は最大で数十万円がいいところです。
アルバイトをしているとはいえ、収入は少ないですし、信用もあるわけではありません。
従って、あくまでも少額の融資となります。

 

2-3.審査内容と信用情報

カードローンを利用するには、審査に通る必要があります。
審査でチェックされるポイントは、氏名や年齢、収入や居住形態、家族構成など様々です。
そういった個人情報の他、重要なのが信用情報です。
信用情報とは、個人の借入履歴や現在の状況などが記録された情報のこと。
仮に過去にカードローンを利用したことがあれば、その履歴が記録されていますし、現在の借入についても記録されています。
信用情報を調べられた際、問題となるのが返済の大幅な延滞や債務整理の情報です。
こういった情報が信用情報に記録されている場合、いくら収入が多くてもカードローン審査には通りません。

 

2-4.銀行カードローンと消費者金融・街金の違い

銀行カードローンは名前の通り、銀行が提供しているカードローンサービスです。
では、消費者金融・街金とは何が違うでしょうか?
最近では消費者金融もカードを発行して、それを利用して借入をすることになりますから、銀行カードローンとの違いがよく分かりません。
実際には、金利が違う以外に特に違いはないのです。
しかし、一点だけ大きく異なる点が総量規制です。
総量規制は貸金業法で規定されているため、消費者金融などの貸金業者からは年収の1/3までの借入しかできません。
しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外のため、高額な借入が可能です。
さらに、「年収の1/3まで」という制限がないため、無収入の専業主婦も利用できることがあります。

3.絶対に利用してはダメ!闇金に注意

街金=闇金、という認識をしている人がいますがこれは違います。
サラ金や街金も金融庁から認可を受けている正規の金融業者です。
ですが、中には闇金もあることは事実です。
サラ金や街金と闇金は全く違います。
どこのカードローンも消費者金融も貸してくれないから、と闇金に手を出してはいけません。
でも闇金かどうかなんてわからない人も多いでしょう。
そんな時は、ネットで調べてみてください。
正規の金融業者であればキチンと登録されています。
それは簡単に金融庁のホームページから調べることが可能です。
登録貸金業者情報検索サービスを利用して確認しましょう。

 

3-1.こういう業者には注意が必要

闇金は恐ろしいものですが、手を出してしまったらとんでもないトラブルに巻き込まれてしまいます。
資産のない学生に担保の評価額より低い金額を貸し付けて不良債権化させ、担保を評価額で処分するため担保が必要です。
また、緊急連絡先を聞き出し、親を連帯保証人にして、返済が遅れたときに連絡が行きます。
さらに、必要額以上に貸付し、返済不能にして水商売や風俗店で働かされます。(チラシ投函する業者は注意)
そして、「審査が甘い」、「無職OK」、「他社で断られた方もOK」など、広告の謳い文句が大げさなのも警戒して下さい。
消費者金融から借入をさせられ、手にしていないお金を返済しなくてはならいアルバイト詐欺などもあります。

4.学生に人気のカードローンTOP3!

ここまではカードローンの基本的な情報について解説してきました。
とは言っても、実際にどのカードローンへ申し込めばいいのか決めかねている人も多いでしょう。
そこで、ここからは学生でも利用することができるおすすめのカードローンを紹介します。
それぞれに特徴がありますから、自分の条件に合ったカードローンを選びましょう。

 

4-1.30日間無利息サービスのプロミス!

プロミスには30日間の無利息期間があります。
初めての人にはかなりお勧め出来る要素になります。
また、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、土日でも22時までに契約完了をしていれば即日融資が可能になっています。
WEBで申込ができるのは今では当たり前になっていますが、そこを押さえているところもポイントです。
WEBで一連の契約を完結できることは大きなメリットといえるでしょう。
ちなみにレディースキャッシング、という女性オペレーターが応対してくれる女性専用のサービスもあります。

 

4-2.モビットならWEB完結申込で親バレなし

モビットも学生に人気があります。
三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座があればWEB申し込みで完了します。
つまり、学生の方でも親にバレる心配が少ない、というメリットがあるので人気があります。
また、パート・アルバイトでも借入可能としているところも、学生にとって嬉しいポイントです。
学生である以上、収入はアルバイトがメインです。
アルバイトであろうと、安定した収入を得ているのであれば、モビットを利用することは可能です。

 

4-3.低金利で借入可!バンクイック

消費者金融以外では、三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックも学生におすすめできます。
最短で30分の審査、金利は最低1.8%から14.6%と低金利で借入が可能ですから、返済の負担という面から見ればよいカードローンといえます。
特別、審査が緩いというわけでもありませんが、それでも口座があれば即日融資が可能ですし、何より金利が安いのは大きいです。
初めて利用する時にはまずは審査に通ることが重要ですが、やはり金利が少しでも安いところを意識的に探していくとよいでしょう。
その選択肢としてバンクイックはおすすめです。