カードローン 土日

1.カードローンの利用方法は平日と土日で違う?

カードローンはを利用する際、時間帯や時期、曜日によって利用方法や申し込み方法が異なります。
その具体的な違いについてよく理解しておいて、失敗のないカードローンの利用を心がけましょう。
いざ、使う時に制限があったり、日数を待つことになってしまったら大変です。
土日、平日などの違いはよく認識しておくべきです。
それでこそ、上手くカードローンを活用することに繋がるのです。
ただし、あくまでも本質的には借金である点は変わらないので自制心をもって利用しましょう。

 

カードローン 土日 利用方法

 

1-1.土日や祝日は振込での融資ができない

平日であれば、申し込んだ日のうちに融資してくれるカードローンはたくさんあります。
しかし、土日、祝日は基本的に振込での融資が出来ないケースが大半です。
金融機関が閉まっているわけですから、当然といえば当然でしょう。
平日に関しても、15時を過ぎると振込が翌日以降になることが多いですから注意しましょう。
しかし、最近は24時間365日振込OKというカードローンもあります。
その場合、カードローン会社が提携している銀行の口座を持っているなどの条件はありますが、急いでいる人にとっては非常に助かるサービスです。
急いで借入したいのであれば、そういったサービスのあるカードローンを選んでみると良いでしょう。

2.カードローンを土日に即日で利用するには

土日でもカードローンの利用が可能なところは実は意外とあります。
ただし、問題となるのは、土日でも新たに申し込みをしてその日のうちに借入ができるかどうかという点です。
学生でも飲み会などで土日に急にお金が必要になることもあるでしょう。
そんな時でも、実は諦める必要はありません。
申し込み方法によっては、その日のうちに審査結果を聞き、借入することができるのです。

 

2-1.カードローン会社の店頭で申込

土日に急いで借入したいのであれば、カードローン会社の店頭で申込をするのが一番手っ取り早い方法です。
ただし、ここで注意すべきなのが「申し込み先が銀行カードローンなのか消費者金融なのか」という点です。
銀行カードローンは土日は審査をしてくれないところが多く、即日融資を受けることができないケースがあります。
また、銀行口座の開設しないと利用できない場合もありますから、よく確認しておきましょう。
その点、土日にすぐ借入したいのであれば、消費者金融の方がハードルは低いと言えます。
土日でも審査してくれますし、即日融資が可能な消費者金融も多くあります。
金利が高いというデメリットはありますが、本当に急いでいる時は消費者金融の利用も検討してみましょう。

 

2-2.自動契約機で申込

カードローン会社の店頭で申し込みをするのが手っ取り早い方法ですが、自動契約機での申し込みもおすすめです。
自動契約機であれば、その場で申し込みからカード発行まで全ての手続きを行えます。
早ければ申し込みから融資まで1時間程度で終わるので、近くに自動契約機がある場合は有効な方法です。
ただし、カードローン会社によっては自動契約機を設置していない場合がありますから、注意してください。
また、営業時間を確認し、必要書類を忘れず持っていきましょう。

 

3.土日と平日でカードローンの審査内容は変わる?

土日でも平日での審査の内容は変わりません。
チェックされる項目も同じですし、審査に通るためのポイントも同じです。
ただし、土日の申込みで即日融資を希望する場合、在籍確認が後回しになることがあります。
そうでなければ土日に即日融資を受けるのは難しいと言えるでしょう。
もちろん、勤務先が土日であろうとやっているところであれば確認できるでしょうが、そうでないところはその旨を伝えておくことです。
消費者金融系の多くは在籍確認以外の審査で大丈夫です。
もちろん、その後、土日、祝日が過ぎた時に改めてされることになります。
ちなみにインターネットからの申込ができるところも増えています。

 

3-1.土日の在籍確認はどうなるの?

土日は当然ながら、在籍確認が行われない、あるいは後日、となることが多いです。
銀行カードローンの場合は、そもそも審査を土日はしないところが多いですから、まず即日融資を土日祝日に望んでいるのであれば選択肢から除外されるでしょう。
ですから、在籍確認が後回しでも良い消費者金融にするしか方法がないといっても過言ではないです。
ただし、在籍確認を後回しにしてもらうためには、収入証明書などの提出が必須です。
学生であれば、アルバイト先の急用明細を3ヶ月分ほど提出することになるでしょう。
また、希望限度額を小さく申告することもポイントです。
大きな限度額を希望すると、どうしても審査が慎重になりますから、在籍確認を後回しにして、その日のうちに融資してもらうのは難しくなります。

 

3-2.在籍確認なしで借り入れする方法

在籍確認なしで借り入れるのはかなり難しいでしょう。
後回しは可能であっても、在籍確認なしというカードローン会社は基本的にありません。
というのも、カードローンを利用するためには、「安定した収入があること」が絶対条件だからです。
そのため、申込者が申告した勤務先で本当に働いているのかどうかのチェックは非常に重要なのです。
専業主婦の場合は在籍確認なしで借り入れできることがありますが、アルバイトをしている学生であれば在籍確認なしというのは難しいかもしれません。

4.土日も即日融資OK!おすすめカードローン

ここまでに土日での即日融資の条件などを解説してきましたが、実は意外と土日も祝日も即日融資OKというカードローンはたくさんあります。
しかし、前述の通り、銀行カードローンは土日に審査をしていないことが多いため、基本的には消費者金融へ申し込むことになります。
ただし、一部の銀行カードローンは土日も審査を行っていることがありますから、自分に合ったカードローンを選ぶことが大切です。
ここからは、学生OK!土日も即日融資OK!のおすすめカードローンを紹介していきます。

 

4-1.プロミスは土日でも振込可!

消費者金融大手プロミスは土日でも振込みが可能です。
審査は最短で30分という驚きのスピードで、WEBや自動契約機からの申込みも可能です。
提携ATMを利用すれば、深夜でも借入できますし、30日間の無利息期間が設けられている点も嬉しいポイント。
会員サイトから融資申し込みをすれば振込み融資も可能になります。
ただし、そのためには三井住友銀行かジャンネット銀行の口座が必要です。

 

4-2.アコムは楽天銀行口座への振込OK

消費者金融大手の一つであるアコムも土日の利用が可能です。
楽天口座があれば土日祝でもほぼ24時間振込による融資が可能ですし、WEBからも自動契約機からも申し込みできます。
さらに、プロミス同様30日間の金利0円キャンペーンもあるため、すぐ返済すれば利息の支払いなしで借り入れすることも可能です。
また、本審査前に申込可能かどうかの診断が3秒で出来るシステムがありますから、まずは試してみましょう。
簡単な項目を入力するだけで、仮審査をしてもらうことが可能です。

 

4-3.バンクイックも土日OK!低金利で返済も楽々

基本的に銀行カードローンは土日の利用ができませんが、例外もあります。
それがバンククイックです。
三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックは土日でも利用OKです。
メガバンクならではの低金利ですし、銀行カードローンには珍しく自動契約機(テレビ窓口)が設置されています。
三菱東京UFJ銀行に設置されているテレビ窓口からならば、申し込みからカード発行までその場で完了でき非常に便利です。
ただし、曜日によって利用可能な時間帯が違うので注意しましょう。