学生 カードローン じぶん銀行

1.じぶん銀行カードローンの基本情報

銀行カードローンは金利が低いため、利用を考えている人も多いのではないでしょうか。
この銀行カードローンの中で、auユーザーにおすすめなのがじぶん銀行カードローンです。
auユーザーにはau限定割が適用され、「誰でもコース」と「借り換えコース」を利用することができ、金利面で優遇されます。
また、じぶん銀行の口座があれば最短で即日融資も可能です。
このページでは、じぶん銀行カードローンの特徴や学生が利用するためのポイントについて解説していきます。

 

学生 カードローン じぶん銀行

 

1-1.auユーザーは金利が優遇される

じぶん銀行カードローンの金利は年2.2%〜17.5%です。
ただし、この金利は通常の金利で、auユーザーなら年2.1%〜17.4%の金利と通常の金利よりも年0.1%優遇されます。
auユーザーというだけで金利が優遇されるので、auを利用している人にはぜひ利用したいカードローンですね。
毎月支払うことになる利息はこの金利から計算されることになるため、少しでも金利が低いということはそれだけお得にお金を借りられるということ。
仮に上限金利が適用されたとしても、消費者金融よりも低金利で借入することができます。

 

1-2.最短で即日融資が可能

銀行カードローンの多くが口座開設が必要になるケースが多いのですが、じぶん銀行カードローンではじぶん銀行口座を持っていなくても利用することができます。
審査に通過すれば、本人確認書類をWEBアップロードすればいいので、手軽に手続きを済ませることができます。
また、じぶん銀行の口座を持っている人なら、300万円以下の融資なら本人確認書類の提出が不要です。
非常に簡単に申し込み手続きをすませられる上、最短で即日融資も可能と多数のメリットがあります。
ただし、口座を持っていない場合は、申し込みから融資まで約1週間程度かかります。

 

1-3.借り換えやおまとめにもピッタリ

じぶん銀行カードローンは借り換えやおまとめにも向いています。
金利の高い金融機関からお金を借りると利息の負担が大きく、返済に困ることがあります。
金利が高くても、すぐに完済すれば問題ないのですが、高額の借入をしている場合はそうもいきません。
高金利の借入で返済に困った時、大きな助けとなるのが借り換えやおまとめです。
じぶん銀行カードローンの限度額は最大800万円と大きい上、公式ホームページでも「おまとめ・借り換えOK」とハッキリ謳っています。
金利面で今より楽になるのであれば、じぶん銀行カードローンの利用を検討してみても良いでしょう。

2.じぶん銀行カードローンの利用条件について

じぶん銀行カードローンの特徴を見ると、auユーザーやじぶん銀行の口座を持っている人にピッタリなカードローンと言えます。
では、利用するための条件はどのようなものでしょうか?
まず、申込可能な年齢は満20歳以上で70歳未満となっています。
そして、安定した収入がある人、保証会社の保証が受けられる人というのが利用条件です。
保証人や担保は不要で、借入金の使い方も基本的に自由ですから、多くの人に利用しやすいカードローンと言えます。

 

2-1.学生でも借りられる?

じぶん銀行カードローンの年齢制限では満20歳以上70歳未満ですから、成人している学生さんの中には利用を検討している人もいるでしょう。
学生さんも、交際費やサークルなどで出費がかさむこともありますし、どうしても欲しい限定品などが販売され、今の手持ちでは足りないということもありますよね。
親には頼みにくいという人でも、カードローンを利用すればすぐにお金を用意することができます。
じぶん銀行カードローンは利用条件を満たしていれば学生でも利用することができます。
カードローンが利用できれば、今月の支払いがあと数万円足りないという時でも、すぐにお金を借ることができとても便利です。
ただし、学生が利用するにはアルバイトでの安定した収入が必要です。
アルバイトをしていない学生さんは利用することができません。

3.じぶん銀行カードローンの審査内容とポイントをチェック!

auユーザーの学生さんなら、au限定割があるじぶん銀行カードローンはぜひ利用したいですよね。
しかし、今までカードローンを利用したことがない学生さんにとって、一番気になるのが審査だと思います。
カードローン会社によって微妙に審査基準が違うのですが、重要なポイントは同じです。
じぶん銀行カードローンに申し込みをする前に、どのような審査が行われるのかを知っておけば審査に通りやすくすることもできます。
ここからは審査でのポイントを紹介していきますので、しっかりと確認しておきましょう。

 

3-1.保証会社はアコム

初めてのカードローンの利用となると何かと不安になりますよね。
特に銀行カードローンは審査が厳しいというイメージを持っている人も多くいます。
では、審査に通るには何が必要なのかというと、最も重要なのは「保証会社から保証を受けられること」です。
じぶん銀行カードローンの保証会社は大手消費者金融のアコムですが、アコムにはカードローン利用者が返済できなくなった時に債務を保証するなどの役割があります。
そのため、じぶん銀行カードローンの審査業務は保証会社であるアコムが行っており、アコムのOKが出ない限り審査に通ることはありません。
じぶん銀行カードローンの利用条件にある「保証会社の保証が受けられること」とは、そういうことなのです。

 

3-2.審査に通るためのポイントは?

カードローンの審査でポイントになるのが、信用情報や安定した収入が得られているかどうかです。
信用情報とは、個人信用情報機関に記録されている情報のことです。
この信用情報には過去や現在の借入に関する情報が記録されていて、仮に返済の延滞などがあれば、信用情報に記録されます。
審査では信用情報が必ずチェックされますから、そういった記録が残っていると、審査に通る可能性は低くなってしまうのです。
しかし、学生さんの場合は大抵が初めてカードローンを利用するという人でしょうから、この点はあまり気にしなくても良いかもしれません。
それよりも問題になるのが「安定した収入」です。
この安定した収入とは、「継続的に一定の収入を得ているかどうか」ということで、アルバイトをしていても半年以上の勤続年数は必要です。
それ以下の勤続年数の人は、半年以上勤務してから申し込むことが審査に通るためのポイントです。

4.借入れ方法について

じぶん銀行カードローンの借入方法には、提携ATMを利用する方法と振り込みがあります。
提携ATMはローンカードを使って利用することになるため、ローンカードが送られてくるまでは利用できません。
とはいえ、提携ATMは手数料無料で利用できますから、カードさえあれば重宝します。
一方、振り込みは、じぶんローン取引サイトから申し込みをしたり、ローンセンターに電話をすることで振り込んでもらうことができます。
振り込みの受け付け時間は原則として24時間365日となっていますが、依頼したからといってリアルタイムで反映されるわけではありません。
申し込みのタイミングによっては振り込まれるのは翌営業日となることもあるので注意が必要です。

 

4-1.申し込みから融資までの流れ

次に、申し込みから融資までの流れを見ていきましょう。
まず、申し込みはインターネットから行う必要があります。
この時k、利用する端末はスマホや携帯電話、パソコンやタブレットでも可能です。
まずは公式ページから、申し込み画面に行きます。
申し込み画面には、じぶん銀行口座を持っている人用と、そうでない人用に分かれています。
申し込みを済ませると、早ければ当日、遅くても翌日には審査回答が電話かEメールであります。
審査に通過するとじぶん銀行口座を持っていない人は必要書類を提出し、その後に契約手続きをすれば借り入れができます。
口座を持っていれば振り込みによる即日融資が可能ですが、持っていない場合はローンカードが手元に届くまでに1週間程度はかかると考えておきましょう。

 

4-2.atmなら手数料なし!24時間借入可能

借入をするのに便利なのがATMです。
利用できる提携ATMとしては三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、E-net、ローソンATM、ゆうちょ銀行があります。
コンビニATMが利用できるので24時間365日借入をすることができます。
これらの提携ATMでは、利用時間や利用回数にかかわらず手数料は不要で、気軽にATMが利用できるのもじぶん銀行カードローンの魅力となっています。
24時間365日利用可能ですが、毎週月曜日の1時〜5時、毎月第二土曜日の21時〜翌7時まではシステムメンテナンスの時間帯となっていて利用はできません。

5.返済方法は2つから選べる

返済方法はATMからの返済と自動支払いの2種類あります。
ATMからの返済では、提携ATMを利用して返済することができ、もちろん手数料も無料です。
ATM返済の場合、「35日ごと返済」と「期日指定返済」のどちらかを選ぶことができます。
35日ごと返済は、前回の返済日から35日目以内に返済をすればいいという返済方法で、期日指定返済は自分で返済日を決め、毎月その返済日までに返済をするという方法です。
自動支払いは、じぶん銀行口座を持っている人のみ利用できます。
自動支払いの場合は35日ごとの返済ができませんが、返済日は自由に設定できます。
そのため、返済日をアルバイトの給料日後に指定すれば、「手持ちが足りない」という心配もなく安心です。

6.親に内緒で借入できるの?

学生さんの中は、「親に内緒でカードローンを利用したい!」という人も多いでしょう。
親に心配をかけたくないという人もいるでしょうし、カードローンの利用によって親の小言を聞くのは面倒という人もいるかもしれません。
カードローン会社によっては、学生が利用に際して親の同意書が必要というケースもあります。
では、じぶん銀行カードローンの場合はどうなのでしょうか?
いくら学生が利用できるとはいえ、親に内緒で借り入れできないのであれば意味がないという人もいるはずです。
ここからは、じぶん銀行カードローンを親に内緒で利用できるかどうかという点について解説していきます。

 

6-1.条件を満たせば同意が不要

じぶん銀行カードローンは、学生の利用であっても、満20歳以上であること、アルバイトで安定継続した収入があること、この2点のクリアしていれば親の同意書不要でお金を借りることができます。
ただし、審査に通った後は契約書とローンカードが郵送で送られてきます。
封筒に「カードローン」という印字があるわけではないので、パッと見でカードローンの契約書類が入っているとは分かりません。
しかし、中身を見られてしまうと言い逃れできませんから、親と同居している学生さんは注意が必要です。
従って、審査通過後のカードが送られるまでの1週間程度はこまめにポストを見るなど、郵便物に注意しておきましょう。

 

6-2.親に連絡される可能性はあるのか?

学生さんがじぶん銀行カードローンに申し込みをする時には、親の氏名や連絡先を記入する必要があります。
そのため、申込時に親に連絡されるのではないかと不安になる人もいるかもしれませんが、申し込み時に連絡されることはありません。
申し込みはあくまで本人の責任で行うものですから、「お子さんがカードローンへ申し込みをされていますが」といった確認を取ることはないのです。
ただし、返済を滞納すれば、親へ連絡される可能性が出てきます。
返済を滞納をしてしまい、じぶん銀行からの連絡を無視していると、督促状が送られてきたり、親へ連絡されることがあるので注意しましょう。
カードローンの利用では延滞をしないように計画的な利用が大切ですし、どうしても遅れるという時には事前にじぶん銀行に連絡を入れておくと安心です。