学生 カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクってどんなカードローン?

学生 カードローン レイク

「レイク」と聞くと消費者金融をイメージする人もいるかもしれませんが、実は新生銀行の提供するカードローンサービスです。
全国に自動契約機が設置され、即日融資にも対応し、銀行カードローンということもあり総量規制の対象外で、消費者金融のような利便性も兼ね備えた銀行カードローンです。
金利は年4.5%〜18.0%、限度額は1〜500万円で、銀行カードローンには珍しく無利息期間がある点が特徴と言えます。
無利息期間は、30日と180日のどちらかを選ぶことができます。
また、提携ATMの手数料が無料なので、借入の際の無駄な出費を抑えることもできます。

 

学生も新生銀行カードローン レイクへ申込できる?

レイクの利用を考えている学生の中には、「そもそも学生でもお金を借りることができるの?」と不安を感じている人も多いでしょう。
レイクの利用条件は、「年齢が満20歳以上で70歳以下、安定した収入があること」です。
これらの利用条件を満たしていれば、学生でも利用することができます。
アルバイトで継続収入を得ていれば、申し込みが可能です。
ただし、レイクに限らず多くのカードローンでは、満20歳以上の人しか利用できません。
そのため、安定した収入がある学生であっても未成年では申し込みできない点に注意しましょう。

 

学生でも在籍確認はある?親バレの心配はない?

金融機関からお金を借りるときに多くの人が気になるのが在籍確認です。
在籍確認は、申込書に記入した勤務先で本当に仕事をしているのかを確認するものです。
基本的にどこの金融機関でも必ず在籍確認は行われ、新生銀行カードローン レイクでも在籍確認はあります。
ただ、アルバイト先に電話をする際、レイクという名前を使うことなく、基本的には個人名でかけてくれますし、カードローン審査だと分からないよう配慮してもらえます。
そのため、職場の人にバレる可能性は低いでしょう。
また、学生にとっては親バレが心配ですよね。
しかし、申し込みをしたからといって親に連絡をすることはありません。
自動契約機を利用すれば、契約やローンカードの受け取りもできるので、実家暮らしの人でもレイクから郵便物が届く心配もなく、親に内緒でお金を借りることができます。

 

新生銀行カードローン レイクの審査に通るポイントは?

レイクを利用する際に最も気になるのが審査ではないでしょうか?
審査では通るためのポイントがあります。
まず注意をしてほしいのが申し込み内容です。
申し込みの際に記入する情報によって審査をすることになるため、この情報に誤りがあると、それだけで審査落ちになる可能性があります。
もちろん、収入を偽るなど、嘘の申告も絶対にしてはいけません。
申し込みの際には、何度も内容を確認したうえで提出するようにしましょう。
お金を借りるには、金融機関との信頼関係が重要です。
申込書に正確な情報を記入して、レイクからの信用を得られるように心がけましょう。

 

申し込みは新生銀行カードローン レイクだけに絞ること

新生銀行カードローンレイクだけに絞って申し込みをするというのも、審査通過の可能性を高めるために重要なポイントです。
どうしてもお金を借りたいというときには、複数社に同時申し込みをすれば、どこかの審査には通過するのではないかと考えてしまいます。
しかし、複数社への同時申し込みは、「申込ブラック」と呼ばれ、どこからもお金を借りられない状態になる危険性があります。
というのも、複数のカードローンに申し込むということは、「かなりお金に困っている人=返済ができない人」と判断されるからです。
どこでもいいからお金を貸してほしい時には、どうしてもこのような行動をとりがちですが、そんなときほど一社に絞った申し込みをすることが審査通過の可能性を高めることになります。

 

信用情報が最も重要なポイント

審査で最も重要なポイントとなるのが信用情報です。
信用情報とは、個人信用情報機関に記録されている情報のことで、カードローンに申し込みをすれば、必ずこの情報は確認されます。
信用情報には過去に借入をした際の情報などが記録されており、借入額や返済履歴、クレジットカードの利用状況、携帯電話料金の滞納なども記録されます。
信用情報に延滞などの記録などがあると、審査では大きなマイナスポイントになってしまいます。
他社での返済や携帯料金などは、延滞などをせず、確実に返済をしていくことが大切です。

 

新生銀行カードローン レイクで借入した学生の口コミ

投資資金のために利用

新生銀行カードローンレイクを利用した学生の口コミの中には、「株式取引をするために利用した」といった声があります。
アルバイトもしていたようですが、どうしても欲しい銘柄があり、レイクでお金を借りて投資することにしたそうです。
申し込みは無人契約機を利用したそうで、1時間程度で審査に通過してカードの発行まで受けられたとのことです。
「無人契約機は完全個室なので使いやすかった」とも言っています。
レイクを利用すれば様々な目的でお金を借りることができますし、無人契約機も設置されているので、周りの目を気にせず利用できるのも大きなメリットです。

 

8万円程度の収入でも借りられた

学生の借入となると、アルバイト収入が少ないために、本当に利用できるのかと不安になってしまいます。
しかし、口コミの中には、「毎月のアルバイト収入が8万円程度で審査通過した」という声があります。
この人は、親の扶養控除から外れないように年収を100万円程度に保つようにアルバイトしていたようです。
収入が少なく審査通過が不安なようでしたが、「通過の連絡がきたときにはとてもうれしかった」とも言っています。
収入が少ないとどうしても審査が不安になりますが、レイクであれば収入の少ない学生でも安心して利用できそうですね。

 

新生銀行カードローン レイクの借入方法をチェック!

新生銀行カードローンレイクの借入方法として、銀行振り込み、銀行・コンビニATM、レイクATMを利用する方法があります。
銀行振り込みは、振り込みキャッシングとも呼ばれ、パソコンなどで振込手続きをすれば即日振込も可能です。
この手続きは24時間受け付けていますが、その日に振り込んでもらうためには平日の14時までには手続きを済ませましょう。
銀行・コンビニATMも利用可能で、コンビニATMなら24時間利用できるので急な出費にでもすぐに対応できます。
レイクATMからの借入もできるので、無人契約機でカード発行をしてもらって、お金を借りることも可能です。

 

即日融資を受けるための方法は?

新生銀行カードローンレイクには、パソコンやスマホを使ったホームページからの申し込み以外にも、自動契約機や携帯電話、電話を使った申し込み方法があります。
これらの申し込み方法すべてが、即日融資に対応しています。
例えば、自動契約機であれば最短で40分程度で手続きが完了します。
ローンカードが発行されれば、自動契約機に隣接しているATMから借り入れをすることができます。
また、その他の申し込み方法でも、14時までに手続きがすべて完了した場合には、振込融資で借り入れが可能となります。
振込での即日融資では14時までに手続きを完了することが条件ともなるので、午前中には申し込みを済ませるようにしましょう。

 

学生が借りられる限度額っていくら?

レイクの融資額は最大500万円です。
そのため、「意外に多くのお金が借りられるのではないか」と期待している人もいるかもしれません。
しかし、学生の場合は、限度額が10〜20万円程度になるのが一般的です。
利用限度額は、利用者の返済能力によって決まることになります。
アルバイトで収入があるといっても、学生の場合には返済能力は低いと判断されるため、どうしてもこの程度の借入しかできません。
また、少しでも多くの借入をしたいと、希望借入額を高めに記入してしまうと、審査通過が難しくなることもあるので、希望借入額を必要最小限の金額で記入することが、審査通過のためには重要です。