学生 カードローン プロミス

プロミスってどんなカードローン?

学生 カードローン プロミス

三井住友銀行グループが運営する「プロミス」は、元1部上場企業で、キャッシング業界では知名度も業績もトップクラスの消費者金融です。
借り入れ最高限度額は500万円、金利は年4.5%〜17.8%、初めての利用者には30日間の無利息期間が設けられています。
また、審査完了まで最短30分というスピードなので即日融資も可能ですし、申し込みから契約まですべての手続きWEB上で完結することも可能です。
さらに、三井住友銀行かジャパンネット銀行の普通預金口座をお持ちの方であれば、24時間365日最短10秒で振り込みが完了する「瞬フリ」を利用できます。
申込みにはパスポートや運転免許証などの本人確認書類、収入証明書(50万円以下の利用は不要)が必要です。
なお、プロミスは消費者金融なので、総量規制(年収の1/3までしか借入できない制度)の対象となります。

 

学生もプロミスへ申込できる?

学生であっても、お金が必要な場面がありますが、プロミスは学生でも申込可能なのでしょうか?
プロミスは、20歳〜69歳で安定収入を得ている人であれば、申込することができます。
そのため、20歳以上の学生でもアルバイトをしていれば、融資を受けられる可能性があります。
ただ、実家からの仕送りや、奨学金は安定収入には当てはまりません。
あくまで利用者自身が働いていることが前提で、返済能力を示さないと審査には落ちてしまいます。
プロミスを利用したい場合は、アルバイトを始めてから申込をするようにしましょう。

 

アルバイト先や親にバレる心配はないの?

カードローンの審査では基本的に勤務先へ在籍確認の電話がかかってきます。
「アルバイト先にはカードローンの利用を内緒にしたい」という方も多いと思いますが、プロミスはカードローン審査だと分からないように個人名で電話してくれるので安心して下さい。
また、学生が申し込みをしたからといって、親に連絡されることもありません。
カードを発行する際にも、直接店舗に行って受け取るか、無人契約機から受け取ると、カードや契約書類を郵送されることもありません。
ただ、返済が遅れると親に連絡される可能性があるので、注意しましょう。
また、実家暮らしでローンカードを郵送で受け取るしかない場合は、親に見られる可能性がありますので注意が必要です。
しかし、WEB完結で契約した場合は、カードを発行せずにWEB上で借入や返済ができます。
親バレを避けたい方は、WEB完結で申し込むと良いかもしれません。

 

プロミスの審査に通るポイントは?

プロミスの審査を受けるには、保証人や担保は必要ありません。
必要書類(運転免許証や健康保険証などの本人確認書類)さえ揃えておけば申し込みが可能です。
しかし、申込書に書かれている内容に嘘があると、審査には落ちてしまいます。
意図的に虚偽の申告をすると、それが第三者機関である信用情報機関にも連絡がいき、記録に残ってしまい、他社で審査をしようとしても通ることは不可能になってしまいます。
また、記入ミスや記入漏れがあると、正確な情報を確認できないため、審査に落ちる可能性があります。
基本的なことではありますが、「嘘の申告をしない」、「正確な情報の記入をする」、「記入にミスがないか必ずチェックする」ことを厳守して審査に臨んでください。

 

複数社への同時申込はNG

どうしても審査に通りたいからといって、同時に複数のカードローンへ申込むことはNGです。
複数社へ申込をした事実は信用情報機関に記録され、プロミス側が審査の際にチェックすると全て分かってしまうからです。
このようなことをすると、「申込ブラック」と呼ばれる状態になる危険性があり、今後、借入をしようとしても不利になることは間違いありません。
というのも、色々なカードローンに申し込みをしているということは、「経済的にとても苦しい状況にある=返済が危ない」と判断されてしまうからです。
借入の際には、ここだと決めた一社に絞り込んで申し込むことをおすすめします。

 

信用情報に傷がついてないことも大事なポイント

審査に通るには、信用情報にキズが付いていないことが大事なポイントになります。
信用情報とは、過去に利用したローンの借入状況、返済状況などの金銭のやり取りが細かく記録されいるものです。
さらに、クレジットカードの利用料や、携帯電話の滞納も記録されている場合があります。
これらの情報は、第三者機関である信用情報機関で得ることができ、審査の際に調べられます。
もし、過去に返済の遅延などのトラブルをおこしていると、審査に通る可能性はゼロになるといっても過言ではありません。
金銭的にルーズな行動をとることは避けるべきでしょう。

 

プロミスで借入した学生の口コミ

カードがいらない

彼女の誕生日プレゼント代が必要で、プロミスに申し込みました。
とはいえ、お金を借りることを誰にも知られたくなかったので、WEB完結できる方法を選択しました。
2chで「プロミスはカード発行しなくても借入できる」と口コミがあったのも大きなポイントでした。
学生なので審査に時間がかかるかなと思っていましたが、すぐにメールが届きました。
あとは、カード不要を選択してWEB上で全て手続きが完了してしまいました。
その日の内に融資が受けられて、スピーディーで簡単なところがいいと思います。
また、実家にカードが届くと嫌だったのでとても助かりました。

 

学生でも審査に通った!

プロミスは「他と比べて審査が優しい」という口コミをみて、学生アルバイトの自分でも通るかもしれないと思い、申込みました。
過去に借金があったわけでもないし、安定した収入もあるのですが、実際に審査に通った時は嬉しかったですね。
審査はスピーディーで、通知を受けるのに1時間もかからなかったと思います。
アルバイト先に電話も来ましたが、バレずに済みよかったです。
無人契約機が22時迄営業していたので、バイトが終わってからカードを受け取りに行けました。
審査もスムーズだし、自分の都合に合わせて申し込みから借入までできるのは便利だと思います。

 

プロミスの借入方法をチェック!

プロミスの借入方法は、指定口座への振込かATMからの借入の2種類です。
振込を希望する場合は、プロミスの会員サービスにログインするか、プロミスコール(0120-24-0365)へ電話をして手続きすれば、手数料無料で振り込んでもらえます。
ただし、平日の14:50を過ぎてから手続きをした場合、振込が反映されるのは翌営業日の9:30頃になってしまいます。
また、土日祝日に手続きをした場合も、銀行が営業しないため、振込の反映は翌営業日の9:30頃にずれ込みます。
一方、ATMは24時間借入ができるため、急いで借りたい時に便利です。
三井住友銀行ATMのほか、提携のコンビニATMも利用できます(提携ATMは利用手数料がかかります)。
ちなみに返済方法は、プロミス・コンビニATM、店頭で直接返済、口座振替、インターネット返済から選ぶことが可能です。

 

即日融資を受けるにはどうすればいい?

「どうしても今日中にお金が必要だ!」なんてこともありますよね。
では、プロミスで即日融資を受けるにはどうしたらよいのでしょうか?
郵送だと、書類のやりとりなどで数日かかってしまいますが、WEB契約だと最短30分で審査が完了するため、その日のうちに借入することも可能です。
そして、カード不要でネット振り込みを依頼するとWEB上で手続きが終了し、来店する必要もありません。
他には、ネットで契約を済ませ、自動契約機でカードを受け取りそのまま借入という方法でも即日融資を受けることができます。
必要な書類を揃え、早めの時間帯に審査の申込をするなどのポイントも押さえておくとよいでしょう。

 

学生はいくら借りられる?

プロミスでは、学生(20歳以上)でもアルバイトをしていれば借り入れができます。
学生でも状況によってお金の借入金額は人それぞれですが、通常いくらくらい借りることができるのでしょうか?
アルバイトは、フルタイムの仕事と違って給料が少ないため、どうしても返済能力は低いとみなされます。
そのため、通常は10〜20万程度が一般的な学生の借入金額となります。
また、学生が利用限度額を増額したい場合でも、同じ理由で難しいのです。
返済能力がないのに多額のお金を借入すると、後々大変な思いをします。
自分がどれくらいの返済能力を持っているかをしっかり把握してから申し込むことをおすすめします。