カードローン 滞納,信用情報 期間

1.カードローン返済を滞納するとどうなる?

カードローン 滞納

カードローンを利用していて毎月の返済を滞納した時には、どうなるのかと不安を感じてしまいますよね。
どうしても返済することができず、一度ぐらい延滞しても問題ないと思っていても、翌月も出費がかさみ返済するのが難しくなり、滞納を繰り返してしまうこともあります。
返済を滞納することで、カードローン会社からの催促の電話や郵便物が届くことになります。
すぐに返済ができないからと、この連絡を無視しているとさらに大変なことになってしまいます。
このページでは、滞納をするとどうなるのか、滞納してしまった時にはどのような対応をするべきなのかを紹介していきたいと思います。

 

1-1.信用情報に傷がつく

返済の滞納は、カードローン会社に対する印象を悪くしてしまいます。
この時のカードローン会社というのは、実際に利用しているカードローン会社だけではありません。
その他のカードローン会社や金融機関への信用も失うことになります。
その理由が信用情報です。
返済を滞納をすれば、個人信用情報センターにその事実が伝えられ、個人の信用情報に滞納が記録されることになります。
この信用情報は、カードローンだけでなく、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどの審査にも利用され、滞納などの情報が記録されていれば金融機関への信用度も低下し、こういったローンが利用できない事態になることもあります。
信用情報は人生設計にも影響することからも、カードローンの返済滞納は避ける必要があります。

 

1-2.ブラックリストに登録される?

どうしても返済することができず滞納してしまった人は、ブラックリストに登録されるのではないかと心配という人もいると思います。
しかし、実際にはブラックリストというものは存在せず、あくまで信用情報に延滞の記録が残るということです。
信用情報に登録されるかどうかは、滞納期間や回数によって違ってきます。
数日間滞納をしてしまったといったケースであれば多目に見てもらえることもありますが、2〜3ヶ月以上の延滞となると登録される可能性があります。
また、短期間の延滞でも、何回お繰り返せばこれも信用情報に登録されるので気をつける必要があります。
滞納の情報が登録されると新たな借り入れが難しくなるので、計画的な利用をして、滞納した時でも少しでも早く返済をすることが大切です。

 

1-3.一括返済になる可能性も

滞納のデメリットは、信用情報に傷が付いてしまうだけではありません。
場合によっては、今の借入残高を一括請求されることもありますし、カードローンを使用停止にするという金融機関もあります。
初めての延滞で一括請求をされる可能性が低いですが、何度も連絡しているのに対応しない、何カ月も返済をしないという悪質な滞納に関しては、カードローン会社も厳しい対応をとらざるを得ません。
返済を滞納をしてしまった時には、まずカードローン会社へ連絡し、状況を説明した上で今後の返済について相談することが大切です。
カードローンの利用するなら、くれぐれも返済の滞納には気をつけましょう。

 

1-4.事故情報が登録される期間はどれくらい?

カードローンの審査には、過去にローン返済でトラブルがないかをチェックされます。
もし、返済を滞った(長期延滞)、債務や返済額を減らしてもらった(債務整理)、保証会社に代わりに返済してもらった(代位弁済)、返済を免除してもらった(自己破産)などがあると、事故情報として記録に残ってしまいます。
この記録は、返済の延滞や代位弁済は5年、自己破産や債務整理は7〜10年経たないと削除されません。
その期間は、カードローンの利用は出来なくなるので注意をしてください。
生涯その情報が残る訳ではありませんが、いざと言う時にお金が借りられなくなるので、返済のトラブルは避けるようにしましょう。

2.返済の滞納で発生する損害遅延金について

返済を滞納をすることにより、信用情報に傷が付き、ブラックリストに登録される可能性もありますし、毎月の返済すら大変なのに一括請求をされることもあります。
そのため、返済を滞納をしないような計画的な利用が大切になります。
最悪な状況を避けるために、延滞をしてしまった時にはできるだけ早く返済をすることが大切です。
滞納をした場合には、遅延損害金が必要になることも忘れてはいけません。
例えば、銀行カードローンは金利が低いことがメリットなのですが、この延滞した期間の金利は遅延損害金の利率で支払うことになります。
低金利の銀行カードローンでも、この遅延損害金ではとても高い利率を設定されることになります。

 

2-1.遅延損害金の利率は最大20%

遅延損害金っていったい何?という人もいるかもしれませんね。
これは、毎月の返済が遅れた時に支払うお金で、普段の金利よりも高い金利を設定されることになります。
具体的に、遅延損害金の利率は最大で20%となっています。
この利率は延滞を起こした時点で設定され、延滞している支払いが終わるまで日割り計算されるため、早く返済をすればその分無駄な出費を抑えられます。
しかし、いつまでも延滞をしていれば、多額の遅延損害金が請求されるため、想像以上に借金が膨らんでしまうことがあります。
無駄な出費を抑えるためにも、早めの返済が大切です。

3.返済が遅れそうなときの対処法

毎月計画的な返済を続けていても、急な出費によってどうしても返済ができなかったということもあります。
誰もが確実な返済をしたいと考えているのですが、どうしても返済ができないという状況に陥る可能性はあります。
とはいえ、「返済できないと」いうことが、事前にわかっている時もありますよね。
急な出費によって月末の返済ができそうもないという時に、そのまま何もしないというのは良い方法ではありません。
何もしないのではカードローン会社の信用を失うことになります。
このような時には誠実な対応をすることが大切です。

 

3-1.黙って遅れるのはNG!遅れそうな場合は事前に連絡を!

滞納することに対して後ろめたい気持ちがあり、事前に返済が遅れるのがわかっていてもなかなか自分から連絡できないという人も多いと思います。
しかし、このことでカードローン会社には大きな不信感を与えることになってしまいます。
忘れているだけなのか、わかっていても黙っているのか、それとも借金を踏み倒そうとしているのかなど、様々な憶測を生む原因ともなります。
事前にわかっているのなら、まず連絡を入れておきましょう。
連絡を入れたからといって、信用情報に傷が付かない、遅延損害金が発生しないというわけではありませんが、信用が大きく違います。
連絡をして、なぜ遅れるのか、いつ支払えるのかを説明すれば、それまでは催促の連絡もありません。  
学生さんでも、社会人としてのマナーは大切です。

4.滞納した場合のNG行動

返済を滞納した時にしてはいけないNG行動があります。
滞納は誰でもしたくないと考えているのですが、どうしようもないときもあります。
この時にどのような行動をとるかによって、カードローン会社への信用も大きく違ってきます。
NG行動を知り、その行動によってどのようなことになるのかも確認しておきましょう。
間違った行動をすることで返済がより困難な状態となることもあります。
誠実な対応をしていれば、カードローン会社も利用者が返済しやすい環境を作ってくれることもあります。
返済が困難な時こそ、適切な行動をすることが求められるのです。

 

カードローン 滞納 NG行動

 

4-1.カードローン会社からの連絡を無視

遅れそうなことが事前にわかっている場合には、早めに連絡をすることが大切です。
しかし、返済をうっかり忘れていて返済ができなかったという時もありますよね。
そのような時には、通常は当日や翌日、遅くても数日後には電話やハガキで連絡があります。
この時に連絡を無視するのはNG行動です。
カードローン会社からの連絡には必ず対応するようにしましょう。
怒られるのではないかと心配になる人もいるかもしれませんが、カードローン会社としては返済が遅れる事情を知りたいだけです。
なぜ遅れたのか、いつ返済できるのかを説明すればすぐに終わる程度の確認の連絡です。  
連絡には応じて、今の状況説明をしっかりとおこないましょう。

 

4-2.滞納したまま返済を放置

催促の連絡を無視するのも良くありませんが、さらに悪いのが返済をしないということです。
返済しない期間が長くなるほど、遅延損害金がかさむことになりますし、一括請求をされたり、アルバイト先への連絡、さらには財産の差し押さえをされる可能性もあります。
借りたお金を返済するのは当たり前のことです。
滞納をした時にはその後の返済方法についても相談する必要があります。
場合によっては、その返済を待ってくれたり分割で支払うことに応じてくれることがあります。
そのためには、誠意ある対応が必要です。
どうしても支払うことができないような状況でも、とりあえずカードローン会社に連絡をして相談してみましょう。

5.返済の滞納を避けるためにできること

誰でも返済トラブルは避けたいですよね。
返済を滞納するのはカードローン会社を困らせようとしているのではなく、うっかり忘れや何か事情があってのことでしょう。
しかし、一度滞納をしてしまうと、返済するのが難しくなり、相談もなしにそのまま放置して、取り返しのつかないことになってしまう人もいるようです。
そうならないためには、確実に返済していくための方法を考えることが必要です。
滞納を避けるためのいくつかの方法があり、返済トラブルを起こさないための方法を紹介していきますので、確認してこのトラブルを避けましょう。

 

5-1.口座からの自動引き落としの活用

滞納の原因の一つに返済方法があります。
ATMによる返済なら、24時間営業しているコンビニATMが利用できるので、自分のタイミングで返済することができますし、実際に多くの人が利用している返済方法です。
しかし、この方法だと、自分でATMまで出向いて返済をする必要があるため、うっかり返済日を忘れてしまう可能性があります。
そこで、返済忘れが心配な人は、返済方法として口座からの自動引き落としを選択しましょう。
この方法であれば、返済日に自動的に引き落とされるため、うっかり忘れを予防できます。
返済忘れが多いという人は、口座からの自動引き落としをおすすめします。

 

5-2.金利を計算した無理のない借り入れ

カードローンを利用する時には、どの程度の利息を支払うのかを知っておく必要があります。
例えば、利用するカードローンの金利が18%ということを知っていても、実際にどの程度の利息を支払うことになるかイメージできない人も多いと思います。
利息は、借入残高×金利÷365日×借入日数で求めることができ、金利が18%で50万円を30日間借りた場合には、50万円×0.18÷365×30で、7,397円の利息が必要です。
毎月の最低返済額が低く一定でも、その返済額の中にはこれだけの利息が含まれていることになります。
少額の借り入れではあまり気にならない利息も、借入額が多い人、長期間の借り入れとなると利息も増えることになるので、しっかりと金利計算をして無理のない借り入れをするようにしましょう。

 

5-3.返済シュミレーションを有効活用

毎月の利息を計算してみると、意外に多くの利息を支払っていることに気付くと思います。
しかし、そのまま返済を続けた場合の利息を含めた返済総額を求めようと思うと、かなり計算が面倒ですよね。
そんな時に役立つのが返済シミュレーションです。
大手消費者金融や一部の銀行カードローンでは、公式サイトで返済シミュレーションを利用することができます。
借入額や借入期間、金利などを入力するだけで、様々なシミュレーションができるようになっています。
このようなツールを使い無理のない借り入れをして、カードローンを便利に活用していきましょう。